amazonクラウド、AWSとは?何ができるかデメリット含めわかりやすく説明

インターネット小売大手のAmazonが提供するクラウドコンピューティングがAWSです。
何ができるかメリット及びデメリットも含め初心者の方にもわかりやすく解説します。
これからAWS導入をお考えの方や、AWSサービスについて知りたい方はぜひご一読ください。
導入事例や、サービス紹介も行います。

クラウドコンピューティングとは?

AWSについて学ぼうとしているのに、どうしてクラウドコンピューティング?と思われるかもしれません。しかし、AWSはクラウドコンピューティングの概念の上に成り立っているサービスですので、まずはクラウドコンピューティングについて理解しておく必要があります。
言葉としてはメジャーになってきましたが、 初めて導入を考えた時、どのような仕組みでどんな利点があるのか、なかなかわかり辛いものです。

クラウドコンピューティングのイメージ

ITを導入する企業にとってクラウドコンピューティングの存在は、例えるならば水道や、電気です。 利用の仕方や、日常生活に必要不可欠という意味で非常に似ています。
■利用方法
家の蛇口をひねると必要な量の水が出てきますが、 イメージはそれに近いです。 具体的には、インターネットを経由して、サーバーやデータベース、アプリケーションを 必要な時に必要な分だけ利用することが可能となっております。 料金体系も光熱費と同様、使った分だけ支払う従量課金制が取られております。
■日常生活に必要不可欠
現代において、 家の敷地内で井戸を掘ったり、おがくずと棒で火をおこしたりする人はいません。 そんなことをしなくても、水道局やガス会社に電話をすれば済みます。
クラウドコンピューティングの導入というのは、現代社会においてそれぐらい当たり前で、必要不可欠となっております。

今や、ごく小規模なスタートアップ企業から、大企業、政府機関まで多くの組織でクラウドコンピューティングを利用しています。

クラウドコンピューティングのタイプ

システムはユーザーが利用するフロントから、それを支えるバックエンドまで、階層になっています。どの範囲までを包含してくれているかでクラウドコンピューティングのタイプは分類されております。

Infrastructure as a Service (IaaS)
インフラだけを担ってくれるサービスです。
サーバー、ネットワークなどインフラ部分を提供してくれるので、 その上に御社の必要なOSやミドルウェア、アプリケーションをインストールして利用します。
自由がききますので御社独自のシステムを動かしたいという場合、 ほとんどがこちらのタイプを選択することになります。
設定などが複雑ですので、知見がないと難しいです。
この複雑な部分をCapsuleCloudは解消します。
Platform as a Service (PaaS)
ミドルウェアまでを担ってくれます。
サーバーなどのインフラ設備に加え、OSやミドルウェアまで提供してくれます。
データベース環境やアプリケーション実行環境などを形成することができるため、スムーズにソフトウェア開発やアプリケーション開発を行うことができます。
これは主に開発を進めるユーザー向けです。
Software as a Service (SaaS)
アプリケーションまでを担ってくれます。
こちらで準備するものは特にありません。
代表例としてよくSalesforceのサービスが挙げられます。

オンプレミスサーバーとの比較

そもそもオンプレミスサーバーとは、クラウドサーバーに対して、 自社内で持っているサーバーのことを指します。
御社でクラウドサーバーの導入・運用を検討する上で、 御社既存のオンプレミスサーバーと比較すると大きな違いがあります。 クラウドコンピューティングを上手に活用することで御社にとって多くのメリットを得る事ができます。