[AWS入門] AWS CLIをセットアップしよう

はじめに

GUIは直感的に様々な操作を実行できて便利なのですが、CLIはCLIでスクリプトを組んだり、オートメーションできたりするので便利です。AWSは管理コンソール(GUI)から操作している人も多いかと思いますが、AWS CLIというツールが用意されていてこれを使ってローカルの(macなら)ターミナルからAWSをコマンド経由で操作することができます。今回はそのCLIをセットアップしてみたいと思います。

awscliのインストール

環境は macOS で行います。公式ドキュメントにもあるように pip 経由でインストールします。

$ pip install --upgrade --user awscli

 

インストールが完了しましたら awscli への PATH を通しておきたいので export します。今回使う環境では zsh を使っているため ~/.zshrc に記述しますが、 ~/.bashrc などで問題ありません。

# awscli
export PATH=~/Library/Python/2.7/bin/:$PATH

書き換え完了できましたら環境変数を読み込み直して、 aws コマンドを叩いてみましょう。以下のようにバージョン情報が表示されたらインストール成功です。

source ~/.zshrc
aws --version
# aws-cli/1.11.76 Python/2.7.13 Darwin/15.6.0 botocore/1.5.39

 

awscliの設定

ローカルのターミナルからAWSのリソースを触るためには Access KeySecret が必要になるので IAMユーザー を作ってキーを発行します(この記事では作成方法は紹介しません)。 aws configure を実行することで対話的に入力ができます。

aws コマンド実行

設定が終わったところで、実際にコマンドを叩いてAWSの情報を取得してみましょう。もちろん、実行できるコマンドは上の aws configure で設定した IAMユーザー が実行できるコマンドのみとなります。それではIAMのユーザー一覧を取得する aws iam list-users コマンドを実行してみます。

ユーザーが取得できていることが確認できます。

まとめ

このように設定を行っていればローカルのターミナルからもAWSが操作できます。スクリプトと組み合わせることで強力なオートメーションを実現することも可能になります。

 

APN Consulting Partner
スーパーソフトウエアはAWSパートナーネットワーク(APN)のコンサルティングパートナーです。